グループ沿革

ブライトン.グループと私の軌跡

2003年(平成15年)春

  • 洛南ゼミナールとして、学習塾をスタートさせる。

  • 出身高校である洛南高校への母校愛から「洛南」の文字を取り、京都市左京区北白川別当町の貸し教室でスタートさせる。塾・予備校で講師をしながら、元教え子の前島一公氏と2人で指導にあたる。

    考えに考えたビラを連日連夜ポスティングしたり、高い費用をかけて新聞に折込を入れるも、集まってくれた生徒数は2名。必然的に個別指導となる。おそらく京都で一番小さな塾であっただろう。大学1年の頃より方々の塾や予備校で一定以上の評価を得てきただけに、この現実に大きなショックを受ける。

2003年(平成15年)秋

  • 洛北・西京附属中学対策講座をスタートさせる。
    洛北高等学校、西京高等学校がともに、附属中学を開校し、平成16年4月から生徒募集するとの情報を得て、試作問題を見たところ、子どもの思考力、表現力を見るその問題の素晴らしさに感動し、対策講座を開始することになる。
  • 洛北教室(当時は、下鴨教室と呼んでいた)をスタートさせる。
  • 現在の洛北教室(当時は、下鴨教室と呼んでいた)を貸し教室として借り、北白川教室と2教室で、洛北・西京附属中学対策講座を開始する。現在の洛ゼミの誕生である。この頃から、洛北・西京附属中学対策講座と個別指導が併存するようになる。

2004年(平成16年)春

  • 元教え子の武部弘太郎氏、深井恒太朗氏が加わり、講師4名体制となる。
  • 洛北・西京附属中学対策講座の卒業生が新中1生として入塾してくれ、また、洛北・西京附属中学対策講座に手ごたえを感じたこともあり、下鴨教室をテナントして契約し、貸し教室からの脱皮を遂げる。
  • この頃、考えに考えたビラを連日連夜ポスティングしたり、高い費用をかけて新聞に折込を入れるというパターンに肉体的、精神的、金銭的に限界を感じ、洛北・西京附属中学の説明会でビラをまくということを思いつく。幸いなことに、ビラをまいていたのは、いつも当塾ぐらいであった。

2005年(平成17年)春

  • 貸し教室であった北白川教室を閉鎖し、下鴨教室に集中する。北白川教室の生徒数は相変わらずわずかであったが、大半は下鴨教室に移ってくれた。

2005年(平成17年)夏

  • 右京ふれあい会館で、洛南ゼミナール右京教室として、洛北・西京附属中学対策講座を行う。貸し教室の上、毎月の予約・申込みが必要で大変なことになる。
  • 右京教室の開校とともに、下鴨教室を洛北教室と教室名を変更する。

2005年(平成17年)秋

    グループ沿革01 イメージ
  • 数学専門塾KTRの失敗。センスやキレではなく、正しく学べばできるようになるということを伝えるべく、武部氏、深井氏が共同で数学専門塾KTR(2人の名前が、「こうたろう」ということから名付けられた)を立ち上げる。

    問題選定、指導法など万全の準備で臨むが、生徒数0名のまま失敗に終わる。この時の思いが、現在の個別指導リジョイス、HSSプロジェクト、洛ゼミにつながっていると確信する。

2006年(平成18年)春

グループ沿革02 イメージ
  • 洛南ゼミナールの個別指導部として、リジョイスをスタートさせる。
  • 深井恒太朗氏の紹介で、中谷政人氏、紺谷亮太氏が加わり、この3名で、洛南ゼミナール個別指導部リジョイスを立ち上げる。
  • 深井恒太朗氏、中谷政人氏の共同代表、紺谷亮太氏の副代表という体制でスタート。現在の個別指導リジョイスの誕生である。

2006年(平成18年)秋

  • 貸し教室の上、毎月の予約・申込みが必要ということで、右京ふれあい会館での継続的開講が困難となり、洛南ゼミナール右京教室としては閉鎖し、右京ふれあい会館を含めた、北文化会館、西文化会館ウエスティ、アバンティホール、南丹市国際交流会館などの会館で、洛北・西京附属中学対策講座を出張型授業で展開することになる。これが、現在の洛ゼミがキャンパスプラザ京都、ハートピア京都で行っている日曜特訓の基となっている。

2007年(平成19年)春

    グループ沿革03 イメージ
  • 洛南ゼミナールを洛ゼミに変更する。母校愛から付けた名前とはいえ、「洛北」の地で、「洛南」はないだろうとの声に耳を傾け、洛南ゼミナールを洛ゼミに、塾名を変更する。
  • 向日市の東向日に、「面倒見バツグンの個別指導塾」洛ゼミ東向日教室として開校し、現在に至る。(洛北・西京附属中学対策の洛ゼミブランドとの混同の原因となっているため、塾名変更を検討中。)
  • 洛南ゼミナール個別指導部リジョイスを独立させ、個別指導リジョイスに変更、現在に至る。

2008年(平成20年)春

    グループ沿革04 イメージ
  • KTR(現在のリジョイス桂坂教室KTR)をスタートさせる。 京都市西京区の桂坂に、数学専門塾KTRの汚名を返上すべく、KTRと名付け(後に、個別指導リジョイス桂坂教室)、個別指導リジョイスの姉妹校として開校する。
  • 武部弘太郎氏が代表に就任する。
  • アカデミック・プロジェクト(アカプロ)がスタートする。 「子どもたちの知的好奇心を満たす」とともに、 子どもたちの「自分の未来へ向けた」良いモチベーションにつながればとの願いから、講師たちが日頃の研究内容を子供たちに伝えるという形式で、以後毎年、開催される。
  • 洛ゼミ初代代表に武部弘太郎氏が就任。
  • 洛ゼミで、入試分析報告会がスタートする。
  • 洛北・西京附属中学専門塾としての地位が確立する。

2009年(平成21年)春

  • 京都市伏見区に、Kikyo(ききょう)藤森教室を開校する。 日本の教育を根本から改善するために、京都教育大学生に教育を実践、改善をしながら、語り合う場を提供するという大それた目標を掲げ、現在も奮闘中である。

2009年(平成21年)秋

  • 堀川高校探究科、嵯峨野高校京都こすもす科、西京高校エンタープライジング科合格のためのHSSプロジェクトを、深井氏が中心となって立ち上げる。

2010年(平成22年)春

    グループ沿革05 イメージ
  • 洛ゼミグループからブライトン.グループにグループ名を変更。 Brighten The Worldを究極の理念とする。
  • 個別指導リジョイス2代目代表に三輪荘介氏が就任。
  • 洛ゼミ2代目代表に雨宮崇氏が就任。
  • HSSプロジェクト初代代表に岩崎修人氏が就任。 それに伴い、HSSプロジェクトをリジョイスから独立させ、更に、桃山高校自然科学科対策を加えて、堀川高校探究科、嵯峨野高校京都こすもす科、西京高校エンタープライジング科、桃山高校自然科学科合格のためのHSSプロジェクトとして新たにスタートさせる。
  • 京都市中京区に、リジョイス御所南教室、洛ゼミ御所南教室をスタートさせる。

2010年(平成22年)冬

  • リジョイス御所南教室、洛ゼミ御所南教室、増員のため2階へ移転。

2011年(平成23年)春

  • リジョイス御所南教室、洛ゼミ御所南教室、さらに増員のため、3階へ再移動。

2011年(平成23年)夏

  • 難関国公立大学入試のためのプロジェクトとして、トップ・アカデミアをスタートさせる。 初代代表に立入啓浩氏が就任。

2012年(平成24年)春

    グループ沿革06 イメージ
  • 個別指導リジョイス3代目代表に雨宮崇氏、副代表に高橋篤史氏が就任。
  • 洛ゼミ副代表に高橋篤史氏が就任。
  • ブライトン.グループ10周年記念式典の開催。

2013年(平成25年)春

  • 個別指導リジョイス4代目代表に岩崎修人氏が就任。
  • 洛ゼミ3代目代表に出田喜和氏、副代表に山本恭佑氏が就任。
  • HSSプロジェクト2代目代表に田口誠也氏が就任。
  • リジョイス御所南教室、洛ゼミ御所南教室、再び増員のため、3階に加えて、2階を増設。

2013年(平成25年)秋

  • 元リジョイス代表(2代目)三輪荘介氏が復帰。
    (ちなみに、当グループでは、かなり本気で、「出向からの復帰」と表現している)

2014年(平成26年)春

  • 個別指導リジョイス5代目代表に三輪荘介氏が就任。
  • 洛ゼミ4代目代表に山本恭佑氏、副代表に福崎泰規氏が就任。
  • 5月で50歳になることを期に、新たなスタートをきるべく、法人化を決意。
    “ Brighten The World “の理念を未来永劫引き継ぐ、強靭かつしなやかな「社会の公器」をこの世に残すべく、新たな決意を固める。

2015年(平成27年)春

  • HSSプロジェクトからリングアカデミーに塾名変更。初代代表に平岡和樹氏が就任。
  • 洛ゼミ副代表に中山昂彦氏が就任。
  • 2016年(平成28年)春

      IMG_7385
      • ブライトン.グループ全体の現場のトップである統括マネージャーに三輪荘介氏が就任。
      • 個別指導リジョイス6代目代表に平岡和樹氏が就任。
      • 洛ゼミ5代目代表に中山昂彦氏が就任。
      • リングアカデミー2代目代表に後藤田涼希氏、副代表に門宮龍馬氏が就任。
      • 受験情報サイト 「まなべーと」を立ち上げる。初代代表に高木一樹氏が就任。
      • 堀川・西京・嵯峨野・桃山高校の専門学科を目指す中学生のための受験情報サイト「中学まなべ―と」の配信を開始。
      • 2017年(平成29年)春

      • 個別指導リジョイス7代目代表に渡邊大将氏が就任。
      • 洛ゼミ6代目代表に大野峻介氏、副代表に青木千尋氏が就任。
      • リングアカデミー3代目代表に門宮龍馬氏、副代表に高木一樹氏が就任。
      • 受験情報サイト 「まなべーと」において、京都大学を目指す高校生のための受験情報サイト「高校まなべ―と」の配信を開始。